ここだけの話。ライターとして生き残るためにやっていることは?

私はフリーライターとして生き残るために、日々勉強しています。

ただ、そうやって言われても何の勉強をしているのか具体的な想像が付かない人もいると思います。

本当は、内緒にしておきたかったですが、読者から何の勉強をやっているのか教えてほしいという声があったので、紹介したいと思います。


スポンサーリンク

あゝ、荒野バナー

私が勉強しているのは、文章スキルではない

初めに言っておきます。

私は、全世界中にいるWebライターのなかでは、文章スキルが高いとは思っていません。

むしろ、編集者からすれば「話にもならない」というような文章でしょう。

しかし、この状態でもある程度の仕事をいただけています。

では、なぜ文章スキルを学ぼうとしないのか?

理由は…「文章スキルが良い=取引先のハートをつかめる文章とは限らないから」です。

例えば、絵の世界では「ヘタウマ」と呼ばれる分野で活躍されている方がいます。

そこで私は、文章の世界でも「ヘタウマ」があっても良いのではないかと考えました。

確かに、文章スキルを磨けばスマートな文章が書けるかもしれません。

ただ、それは私のキャラに合っていないと思いました。

自分の個性を生かすためにも、敢えて文章スキルを学ぶことは辞めたのです。

それじゃ、一体何の勉強をしているの!?

答えは「コピーライター」の勉強です。

しかし、読者のなかには「普通のライターとコピーライターの違いって何!?」と思った方もいるでしょう。

簡単に説明すると、一般的にライターと呼ばれる方の多くは「良い文章」を書くことがメインとなっています。

一方、コピーライターは「商品を売り込むための広告文章」を書くことがメインです。

一般的なライターは「ある程度の国語表現能力」がないと評価してもらいづらいですが、コピーライターの場合は「商品が売れれば」評価してもらえます。

つまり、コピーライターの場合国語表現能力がなくてもチャンスがあるということ。

逆に言うと、国語表現能力があっても販売実績がなければ意味がないと言うことです。

私も、現在は商品を売り込む広告を執筆させていただく機会が増えたので、コピーライターの勉強をしています。

どこで勉強しているの!?

コピーライターの勉強と言っても、どうやって勉強したら良いか分からない方もいると思います。

一般的な方法は、スクールに通ったり動画配信、本で勉強する方法です。

ちなみに私は、売れっ子コピーライター講座(http://ecc-copywriting.com/fl/?gclid=CJaf5J_Ds9QCFUsEKgod5mQCug)で学んでいます。

動画配信なので、パソコンとインターネット環境さえあればどこでも勉強できます。

大手企業「ECC」が運営するビジネススクールなのに「毎月6800円」で学べることを知り、利用する決め手となりました。

しかも認定試験に合格すれば、ECCから仕事がもらえる講座だったので、すぐ申し込みをして勉強を開始しました。

おかげで、勉強内容が仕事にも生かせており快適な生活が送れています。


スポンサーリンク



いろいろな勉強をして視野を広げよう

フリーランスとして生き残るためには「常日頃から視野を広げること」と「仕事のとり方を学ぶこと」だと感じています。

この2つができれば、自営業者として生活できる確率も格段に上がるでしょう。

私自身、このような人生を送れるとは夢にも思っていませんでした!

今を思いっきり楽しんで生活したいと思います!

コメントを残す